[English]

SARF プロジェクト

【基盤研究(S)】  総合系(情報学)


井上
研究課題名: 多様なソフトウェア資産の収集・分析・評価と効果的な利活用の研究
大阪大学・大学院情報科学研究科・教授    井上   克郎 いのうえ   かつろう

研究分野: 情報学
キーワード: ソフトウェア工学

【研究の背景・目的】

  近年のソフトウェア開発では、オープンソースソフトウェアOSSや過去に開発したソフトウェアなど多様な資産を効率的に利活用することが必須である。 本研究では、ソフトウェア資産の利活用支援フレームワークSARFを開発する(図1)。 SARFでは.ぅ鵐拭璽優奪閥間に存在する多様なソフトウェア資産を効率的に発見し、自動的に収集・分析し、 得られた資産の定量的な価値を評価し、 その評価値や他の情報を直感的に視覚化し、開発環境を通じ資産の利活用支援を行う。 コード検索、クローン分析、メトリクス、プログラム解析や再利用等の技術をもとに、各ステップの手法を研究し、 プロトタイプの作成、その評価を踏まえ、実運用に耐えるシステムに発展させ、広く公開して利用の普及を促進する。
資産利活用支援フレームワークSARFの概要
図1:資産利活用支援フレームワークSARFの概要

【研究の方法】

  それぞれのステップで必要なアルゴリズムや方式の検討・開発を行う。 まず,亡悗靴討蓮▲ぅ鵐拭璽優奪半紊遼賃腓淵廛蹈献Дトから関連のあるものを効率よく見つけるプロジェクト検索エンジンの開発を行う(図2)。 この実現方法としては、外部の検索エンジンをメタ検索エンジンとして利用し実現する。このような収集を定期的に行う。
  次に△亡悗靴討蓮▲廛蹈献Дトの相対的な重要度を大域的な価値モデル、個々の絶対的な良さを実証的価値モデルとしてそれぞれを定義し、定量的な取り扱いができるようにする。 例えば前者としては、プロジェクト間の関係を有向グラフ化し、その安定的な重要度解を利用する。後者としては、種々のメトリクス値を利用する。
  においては、評価値やその他の情報を直感的に可視化出来る手法、例えば都市の鳥瞰図モデル等を利用する。また、上記のツール群を統合開発環境と連携し、開発効率を向上させる。
プロジェクト検索エンジンの概要
図2:プロジェクト検索エンジンの概要

【期待される成果と意義】

  メタ検索エンジンを用いたプロジェクト収集、ソフトウェア資産の定量的評価と可視化、SARFを用いたSARF自身の開発などは、ソフトウェア工学や関連する分野において学術的に価値が高い。
  また、提案手法が実現することにより、OSSや過去の資産の利活用が効率化し、開発時間が大幅に短縮される。 また、提案手法を支援する種々のツールが実用化され、OSSとして公開されることにより、ソフトウェア資産の利活用が大幅に進む。

【当該研究課題と関連の深い論文・著書】

【研究期間と研究経費】

平成25年度−29年度:93,500千円

【ホームページ等】

ホームページ: http://sel.ist.osaka-u.ac.jp/SARF/index.html.ja
メールアドレス: sarf@sel-mail.ics.es.osaka-u.ac.jp

ポスドク募集中(募集は終了しました。)


Back to Toppage