いのうえけ〜ん
English 
/ ホームページ / 研究紹介 / 発表論文・技術報告・学位論文 / メンバー / ニュース /

-研究業績 (旧鳥居研〜井上研)

文献形式
検索
new 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 old
番号 著者 題名 日付 種別 ファイル
283  今川 勝博  要求仕様書からのファンクションポイント計測ツールの改良 −要求分析ツールREQUARIOで作成された要求仕様書を対象として− 情報処理  1999/9/30  inproceeding  
282  西松 顯  保守プロセスに対するプログラムスライスの実験的評価  1999/8  article  Adobe PDF Document
281  神谷 年洋  C++プログラムを対象とした複雑度メトリクス計測ツールと新人研修卒業演習への適用  1999/8/31発刊  article  Adobe PDF Document
280  神谷 年洋  オブジェクト指向開発におけるフォールト発生早期予測手法の一提案  1999/7/23  report  Adobe PDF DocumentPowerPoint Presentation
279  Tetsuo Yamamoto  Moraine: An Accumulative Software Development Environment for Software Evolution  1999/7/17  inproceeding  Adobe PDF DocumentPostPcript Document
278  山本 哲男  バージョン管理ファイルシステムを用いた保守支援ツールの提案  1999/7/9  report  Adobe PDF DocumentPostPcript Document
277  Takuya Uemura  JFPUG総会  1999/7/23  特別講演  
276  Toshihiro Kamiya  ICSE99 Poster and Informal Research Demonstrations  1999/5  report  
275  Makoto Matsushita  Modeling Framework and Supporting System for Process Assessment Documents  1999/6  inproceeding  Adobe PDF DocumentPowerPoint PresentationHTML Document
274  Akira Nishimatsu  Call-Mark Slicing: An Efficient and Economical Way of Reducing Slice  1999/5  inproceeding  Adobe PDF Document
273  芦田佳行  実行履歴を利用したソースプログラムの部分解析に基づくスライス抽出技法の提案  1999/5/21  report  Adobe PDF Document
272  Katsuro Inoue  Call-Mark Slicing: An Efficient and Economical Way of Reducing Slice  1999/5  inproceeding  
271  Toshihiro Kamiya  Prediction of Fault-proneness at Early Phase in Object-Oriented Development  1999/5/2-5  inproceeding  Adobe PDF DocumentPowerPoint Presentation
270  Toshihiro Kamiya  Empirical evaluation of reuse sensitiveness of complexity metrics  1999/3  article  Adobe PDF Document
269  Tomonori Takada  Efficient Update of Program Dependence Graphs  1998/12  article  
268  上村 拓也  UMLで記述された設計仕様書からのファンクションポイント計測手法  1999/3/28  inproceeding  
267  芦田 佳行  プログラムスライスに基づいたデバッグ支援システムの評価のための追証実験  1999/3/11  inproceeding  Adobe PDF Document
266  大畑 文明  依存関係の局所性を利用したプログラム依存グラフの効率的な構築法  1999/3/18  report  Adobe PDF DocumentPowerPoint PresentationHTML Document
265  西松 顯  効率と精度を考慮したプログラムスライスの抽出法の提案  1999/1/23  report  Adobe PDF Document
264  柏本隆志  要求仕様書に対するファンクションポイント計測ツールの試作と評価  1999/1/23  report  
new 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 old

発表論文・技術報告・学位論文のページに戻る


homeホームページへ © ソフトウェア工学講座 mailお問い合わせはこちらまで