inoueke-n
Japanese 
/ Home / Research / Papers, Reports, Theses / Members / News /

-Papers, Technical Reports (Torii & Inoue Laboratories)

Bibliography
Search
new 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 old
Number Author Title Date Type Files
58  御井敬  プログラム仕様に用いる自然語の語句に対する意味定義について  Nov/25/1988  report  
57  松本健一  エラー寿命に基づくプログラマ性能の実験的評価−大学環境におけるプログラム開発−  Oct/1988  article  
56  鳥居宏次  ソフトウェア品質定量化のための枠組の検討報告  Nov/9/1988  report  
55  大野浩史  抽象化に基づく文章理解モデルのソフトウェア設計法への適用  Sep/28/1988  report  
54  大野浩史  自然語によるプログラム仕様に対する理解モデルの提案  Sep/21/1988  report  
53  松本健一  ソフトウェアの残存エラー数推定モデルの定量的比較  Jun/8-9/1988  inproceeding  
52  井上克郎  階層的プロセスモデルの提案とそのJSDへの適用  Jun/8-9/1988  inproceeding  
51  鳥居宏次  ソフトウェア・メトリクスの意義と方法論  Oct/3-5/1988  inproceeding  
50  Kishida Kouichi  SDA:A Novel Approach To Software Environment Design and Construction  Apr/11-15/1988  inproceeding  
49  Matsumoto Kenichi  Experimental Evaluation of Software Reliability Growth Models  Jun/27-30/1988  inproceeding  
48  荻原剛志  オブジェクト間の相互作用に基づくソフトウェア開発法の提案  Sep/7-9/1988  inproceeding  
47  鳥居宏次  論理型プログラミングと属性文法  1988  article  
46  松本健一  プログラムテキストの変更情報に基づくプログラマ仕事量の分析  Sep/6-9.9/1988  inproceeding  
45  Sugiyama Yuji  Functional Programming for the Telegram Analysis Problem  May/1988  article  
44  馮安  属性文法による構造化分析法の形式的記述  May/6/1988  report  
43  松本健一  プログラムにおけるバグ除去時間の分析  May/18/1988  report  
42  鳥居宏次  ソフトウェア信頼性技術の現状  Feb/23/1987  report  
41  御井敬  プログラム仕様に用いる自然語のための辞書の設計  Mar/28-31/1988  inproceeding  
40  Kudo Hideo  Quantifying a Design Process Based on Experiments  Jan/5-8/1988  inproceeding  
39  工藤英男  実験に基づくプログラム設計過程の定量化の試み  Feb/4-5/1988  report  
new 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 old

Back to Papers, Reports, Theses page.


homeHome © Software Engineering Laboratory mailFor questions and comments, please send mail.