Differences between revisions 25 and 57 (spanning 32 versions)
Revision 25 as of 2008-09-26 15:50:54
Size: 6645
Editor: matusita
Comment: CREST住所と電話番号を追加
Revision 57 as of 2019-03-29 03:54:02
Size: 7537
Editor: matusita
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 1: Line 1:
1970 年 12 月鹿児島生まれ博士(工学)現在大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻にて准教授 1970 年 12 月鹿児島生まれ博士(工学)現在大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻にて准教授
Line 9: Line 9:
 直接 (オフィスアワー: 毎週水曜日 10:30~11:30)::
 大阪大学豊中キャンパスの 基礎工学部, G 棟 2F,G206が居室です.オフィスアワーには極力在室していますが,不在の場合,あるいは時間外の場合にはまず電子メールにて連絡をください.
通常は以下の通りですが、事情により変更されることがありますので、事前にメールで確認することをお願いします。

 直接 (豊中のオフィスアワー: 金曜日 12:00~13:00)::
 豊中のオフィスアワー時間帯は、豊中キャンパス内にある基礎工学部G棟4Fの教員控え室にいます(授業期間中のみ)。
 直接 (吹田のオフィスアワー: 木曜日 12:00~13:00)::
 吹田のオフィスアワー時間帯は、吹田キャンパス内にある大学院情報科学研究科B棟3F、B306にいます。
Line 14: Line 18:
 +81-6-6850-6572  +81-6-6879-4106
Line 16: Line 20:
 +81-6-6850-6574  +81-6-6879-4109
Line 18: Line 22:
 〒560-8531 大阪府豊中待兼1-3  〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1番5号
Line 20: Line 24:
 大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻井上研究室

= 2009年2月末までの連絡先 =

King's College London の Mark Harman 教授と、井上教授との共同研究の一貫として、
2009年2月末までロンドンに滞在しています。それまでの間の連絡先は以下の通りです。

 電話(居室に電話があります)::
 +44-20-7848-1523
 郵便(おそらく正しいですが、私に郵便物が届く保証はありません)::
 CREST Centre, King's College, Strand, London WC2R 2LS

電子メールの宛先はそのままです。
 大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻
Line 61: Line 53:
Line 62: Line 55:
 ACM, 情報処理学会, 日本ソフトウェア科学会  ACM

情報処理学会

日本ソフトウェア科学会

Line 64: Line 63:
 International Conference on Product Focused Software Process Improvement(PROFES)([[http://se.naist.jp/profes2004/|2004]], [[http://profes2005.oulu.fi/|2005]], [[http://www.cwi.nl/events/2006/profes/|2006]], [[http://www.liis.lv/profes2007/|2007]])  International Conference on Product Focused Software Process Improvement(PROFES)([[http://se.naist.jp/profes2004/|2004]], [[http://profes2005.oulu.fi/|2005]], [[http://www.cwi.nl/events/2006/profes/|2006]], [[http://www.liis.lv/profes2007/|2007]], [[http://www.profes08.uniroma2.it/|2008]], [[http://www.profes2009.org/|2009]],[[http://www.lero.ie/profes2010|2010]])
Line 66: Line 65:
 International Workshop on Principles of Software Evolution(IWPSE)([[http://www.computer.org/portal/site/store/menuitem.41cf17dc879177c86ee948ce8bcd45f3/index.jsp?&pName=store_level1&path=store/catalog&file=p2211.xml&xsl=generic.xsl&|2004]], [[http://iwpse2007.inf.unisi.ch/|2007]])  International Workshop on Principles of Software Evolution(IWPSE)([[http://www.computer.org/portal/site/store/menuitem.41cf17dc879177c86ee948ce8bcd45f3/index.jsp?&pName=store_level1&path=store/catalog&file=p2211.xml&xsl=generic.xsl&|2004]], [[http://iwpse2007.inf.unisi.ch/|2007]],[[http://ssel.vub.ac.be/iwpse-evol/|2009]])
Line 72: Line 71:
 Asia Pacific Software Engineering Conference([[http://www.apsec-conferences.org|APSEC]])([[http://www.cse.iitk.ac.in/apsec06/|2006]],[[http://apsec2007.fuka.info.waseda.ac.jp/|2007]])  Asia Pacific Software Engineering Conference([[http://www.apsec-conferences.org|APSEC]])([[http://www.cse.iitk.ac.in/apsec06/|2006]], [[http://apsec2007.fuka.info.waseda.ac.jp/|2007]], [[http://lcs.ios.ac.cn/~apsec08/|2008]],[[http://seminar.spaceutm.edu.my/apsec2009/|2009]],[[http://www.apsec2010.com/|2010]])
Line 74: Line 73:
 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ([[http://www.jssst.or.jp/plan/sig.html#fose|FOSE]])(2002,2003,2004,[[http://www.sde.cs.titech.ac.jp/fose2005/|2005]],[[http://fose2006.media.kyoto-u.ac.jp/|2006]], [[http://kishi-www.jaist.ac.jp/fose2007/|2007]],[[http://fose2008.naist.jp|2008]])  ソフトウェア工学の基礎ワークショップ([[http://www.jssst.or.jp/plan/sig.html#fose|FOSE]])(2002, 2003, 2004, [[http://www.sde.cs.titech.ac.jp/fose2005/|2005]],[[http://fose2006.media.kyoto-u.ac.jp/|2006]], [[http://kishi-www.jaist.ac.jp/fose2007/|2007]],[[http://fose2008.naist.jp|2008/プログラム委員長]],[[http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/fose2009/|2009]], [[http://fose2010.yy.ics.keio.ac.jp/|2010]],[[http://posl.kyushu-u.ac.jp/~fose2012/|2012]])
Line 78: Line 77:
 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES)([[http://ses2006.sys.wakayama-u.ac.jp/|2006/企画委員長]],[[http://ses2007.cs.shinshu-u.ac.jp/|2007]])  ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES)([[http://ses2006.sys.wakayama-u.ac.jp/|2006/企画委員長]],[[http://ses2007.cs.shinshu-u.ac.jp/|2007]], [[http://ses2008.naist.jp/|2008]], [[http://ses2009.minnie.ai.kyutech.ac.jp/|2009/ステアリング委員]],[[http://ses2010.ist.osaka-u.ac.jp/|2010/プログラム委員長]], [[http://ses2012.ohsuga.is.uec.ac.jp/|2012]])
Line 94: Line 93:
 [[http://www.aichi-pu.ac.jp/ist/lab/yamamoto-lab/WebSDE/|Workshop|on Leveraging Web2.0 Technologies in Software Development Environments (WebSDE)]] 実行委員 (2006年9月19日)  [[http://www.aichi-pu.ac.jp/ist/lab/yamamoto-lab/WebSDE/|Workshop on Leveraging Web2.0 Technologies in Software Development Environments (WebSDE)]] 実行委員 (2006年9月19日)
Line 98: Line 97:
 [[http://fose2008.naist.jp|FOSE2008]] プログラム委員長(2008年11月13~15 日)  [[http://fose2008.naist.jp|FOSE2008]] プログラム委員長(2008年11月13~15日)

 [[http://www.ipsj.or.jp/sig/se/|IPSJ SIGSE]]幹事(2009年4月~現在)

 [[http://ses2010.ist.osaka-u.ac.jp/|SES2010]]プログラム委員長(2010年8月30日~9月1日)
Line 102: Line 106:


= 学内向けのおまけ =

 * 2019年度版学内スクールバス、[[http://sel.ist.osaka-u.ac.jp/~matusita/20190401-handai-bustable.pdf|箕面行きと吹田行きの時刻表を1つにマージしたもの]]を作りました。ご入り用の方はどうぞ。

1970 年 12 月、鹿児島生まれ。博士(工学)。現在。大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻にて准教授。


連絡方法

通常は以下の通りですが、事情により変更されることがありますので、事前にメールで確認することをお願いします。

直接 (豊中のオフィスアワー: 金曜日 12:00~13:00)
豊中のオフィスアワー時間帯は、豊中キャンパス内にある基礎工学部G棟4Fの教員控え室にいます(授業期間中のみ)。
直接 (吹田のオフィスアワー: 木曜日 12:00~13:00)
吹田のオフィスアワー時間帯は、吹田キャンパス内にある大学院情報科学研究科B棟3F、B306にいます。
電子メール (".ac.jp" を補ってください)

matusita@ist.osaka-u

電話
+81-6-6879-4106
FAX
+81-6-6879-4109
郵便
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1番5号 大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻

略歴

高校卒業までは鹿児島在住,その後大阪へ.

  • 1993年3月: 大阪大学基礎工学部情報工学科卒業
  • 1995年3月: 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士前期課程修了
  • 1995年4月: 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士後期課程入学
  • 1998年3月: 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士後期課程単位取得認定退学
  • 1998年4月: 大阪大学助手 (大学院基礎工学研究科)
  • 1998年10月: 博士 (工学)(大阪大学)
  • 2002年4月: 大阪大学助手 (大学院情報科学研究科)に配置換 (改組による)
  • 2005年4月: 大阪大学助教授 (大学院情報科学研究科)
  • 2007年4月: 大阪大学准教授 (大学院情報科学研究科)

主な研究課題

研究室のページにある,研究紹介や, 研究業績データベースもあわせてどうぞ(研究業績データベースについては,名前で検索できます

ソフトウェア開発支援

オープンソースソフトウェア開発等でよく見られる,ソースコードリポジトリや電子メール等を用いた,分散ソフトウェア開発を対象とした開発環境の支援に関する研究を行っています.

プログラム部品検索

Javaで記述されたソースコードを対象とした検索システム SPARS-J の開発を行っています.

学会活動・社会活動

Affiliation
ACM 情報処理学会 日本ソフトウェア科学会
Program Committee Member

International Conference on Product Focused Software Process Improvement(PROFES)(2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009,2010)

International Workshop on Principles of Software Evolution(IWPSE)(2004, 2007,2009)

International Workshop on Learning Software Organizations(LSO)(2004)

Workshop on Emerging Web Services Technology(WEWST)(2007)

Asia Pacific Software Engineering Conference(APSEC)(2006, 2007, 2008,2009,2010)

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE)(2002, 2003, 2004, 2005,2006, 2007,2008/プログラム委員長,2009, 2010,2012)

組み込みソフトウェアシンポジウム(ESS)(2004,2005)

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES)(2006/企画委員長,2007, 2008, 2009/ステアリング委員,2010/プログラム委員長, 2012)

ソフトウェアシンポジウム(2002,2003,2005,2006)

Chair, Board, and others

IPSJ SIGSE運営委員 (2000年4月~2004年3月)

JISA オープンソース調査委員会 オブザーバー (2001年度)

IEICE SIGSS幹事 (2002年5月~2006年4月)

SIGSEウィンターワークショップ・イン・石垣島 実行委員長 (2004年1月29~31日)

JSSST 関西企画委員会委員 (2004年4月~)

Workshop on Leveraging Web2.0 Technologies in Software Development Environments (WebSDE) 実行委員 (2006年9月19日)

APSEC2007 Registration Chair (2007年12月5~7日)

FOSE2008 プログラム委員長(2008年11月13~15日)

IPSJ SIGSE幹事(2009年4月~現在)

SES2010プログラム委員長(2010年8月30日~9月1日)

ソフトウェア工学の分野に関連した学会行事等については,Google Calendar にソフトウェア工学関連イベントおよび ソフトウェア工学関連締切・通知情報のカレンダーを作成していますので,あわせてどうぞ(掲載されてない情報あればぜひ教えてください).

学内向けのおまけ

Home (last edited 2019-03-29 03:54:02 by matusita)