いのうえけ〜ん
English 
/ ホームページ / 研究紹介 / 発表論文・技術報告・学位論文 / メンバー / ニュース /

リファクタリング支援

リファクタリングとは

リファクタリングとは,ソフトウェアの品質を向上させることを目的として,ソフトウェアを再構成する作業のことを指します.

ソフトウェアのソースコードや設計モデルを修正や拡張が容易な構造にしておくと,その後の開発作業(機能拡張やバグの修正に伴う作業)をより容易にすることができます.このため,いったん完成したソフトウェアであっても,将来行う開発作業に備えてリファクタリングを行うことは重要であると言えます.

下図に示すリファクタリングでは,2つのクラスに含まれていたgetNameメソッドを新たに作成した共通の親クラスにまとめています.このリファクタリングを行うことで,同様のクラス(例:accountantクラス)を追加する作業や,getNameメソッドを修正する作業が容易になります.

リファクタリングの対象

リファクタリングの対象は,大まかに2種類に分けることができます.

これまでの取り組み

井上研究室では,リファクタリングを行うソフトウェア開発者を支援する手法・ツールの実現に取り組んできました.具体的には,以下のテーマを扱ってきました.

代表的な論文

研究紹介に戻る


homeホームページへ © ソフトウェア工学講座 mailお問い合わせはこちらまで