いのうえけ〜ん
English 
/ ホームページ / 研究紹介 / 発表論文・技術報告・学位論文 / メンバー / ニュース /

再利用部品の抽出

概要

過去に開発されたソフトウェアの中には多数の有用な部品が 含まれていることから,これらの部品を抽出し,再利用することによって ソフトウェア開発の効率を向上することが期待されています. ソフトウェア部品を見つけ出し,また,それらの部品の利用規約(ライセンス)など, 再利用に必要な情報を抽出する手法を研究しています.

ソフトウェア部品の再利用

自動車などの一般の工業製品が多数の部品から構成されているように, ソフトウェアも同様に多数のソフトウェア部品から構成されています.

ソフトウェア開発では個々のソフトウェア部品を開発し, それらの部品を組み合わせることで,ソフトウェア全体を構築することが 多く行われています. ソフトウェア部品はある程度相互に独立しているため,そのまま, もしくは少し修正を加えれば,別のソフトウェアに再利用できる場合があります. 過去に開発したソフトウェアで正しく動作していた実績のある ソフトウェア部品を再利用することにより, ソフトウェアの開発コストを削減し,また ソフトウェア自体の品質も向上すると期待できます.

これまでの取り組み

井上研究室では,

という2つの観点から研究を行っています.

代表的な論文

研究紹介に戻る


homeホームページへ © ソフトウェア工学講座 mailお問い合わせはこちらまで