いのうえけ〜ん
English 
/ ホームページ / 研究紹介 / 発表論文・技術報告・学位論文 / メンバー / ニュース /

井上克郎教授、松下 誠准教授等が平成18年度電子情報通信学会情報・システムソサイエティ論文賞を受賞しました。

電子情報通信学会情報・システムソサイエティにおいては、毎年、情報処理、情報通信及び情報流通に関する分野において、 電子情報通信学会の和英論文誌Dに掲載された論文のうち、サーベイ論文、先見論文、連作論文の3種類のうちから、特に優秀な論文1件を選び、その著者に授与しています。平成19年3月20日開催の情報・システムソサイエティ運営委員会において、平成18年度電子情報通信学会情報・システムソサイエティ論文賞(ISS論文賞)を下記5編の「コードクローンに関する一連の研究」に係る連作論文に贈呈することが決定され、平成19年11月29日開催の情報・システムソサイエティ論文賞表彰式において、下記受賞者に対して賞状及び賞牌が授与されました。

受賞者氏名

山本哲男、松下 誠、神谷年洋、井上克郎、泉田聡介、植田泰士、楠本真二、佐々木 亨、肥後芳樹 

受賞論文

[1] 山本哲男,松下 誠,神谷年洋,井上克郎: “ソフトウェアシステムの類似度とその計測ツールSMMT”, Vol.J85-D-I, No.6, pp.503-511, June 2002.

[2] 泉田聡介,植田泰士,神谷年洋,楠本真二,井上克郎: “ソフトウェア保守のための類似コード片検索ツール”,Vol.J86-D-I, No.12 pp.906-908, Dec. 2003.

[3] 植田泰士,神谷年洋,楠本真二,井上克郎: “開発保守支援を目指したコードクローン分析環境”,Vol.J86-D-I, No.12, pp.863-871, Dec. 2003.

[4] 佐々木 亨,肥後芳樹,神谷年洋,楠本真二,井上克郎: “プログラム変更支援を目的としたコードクローン情報付加ツールの実装と評価”, Vol.J87-D-I, No.9, pp.868-870, Sept. 2004.

[5] 肥後芳樹,神谷年洋,楠本真二,井上克郎: “コードクローンを対象としたリファクタリング支援環境”, Vol.J88-D-I, No.2, pp.186-195, Feb. 2005.

認証状ケース表紙 フェロー認証状 認証状ケース中

homeホームページへ © ソフトウェア工学講座 mailお問い合わせはこちらまで