Katsuro Inoue

井上 克郎


Dean and Professor
Graduate School of Information Science and Technology
Osaka University
1-5, Yamada-Oka, Suita
Osaka 565-0871, JAPAN

Phone +81-6-6879-4105
Fax +81-6-6879-4109
e-mail: inoue at ist.osaka-u.ac.jp
http://sel.ist.osaka-u.ac.jp/people/inoue/

井上 克郎
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1ー5
大阪大学大学院情報科学研究科 研究科長 兼 コンピュータサイエンス専攻教授


Research Interests: Software Engineering

I am very interested in large-scale program analysis with computational power. Computation Intensive Software Engineering will be a new direction to efficient and reliable software development new future. My Topics include:

  1. Program Analysis: Code Clone Analysis ( CCFinder), Origin and Evoluation Analysis of Code, Bug Detection, Analysis Tools and Environments, Analysis Algorithms
  2. Program Reuse: Code Search Engine ( SPARS project ), Program Archive, Searching Mechanism,
  3. Software Process: Process Modeling, Process Centered Environments, Process-Based Metrics, Quality Standards and Frameworks

    For research activities, see this:
    Research Activities and Publication Database

    I am looking for good international students who are interested in our topics. For more details, see the bottom of this page.

    主な研究課題

    1. プログラム部品の重要度評価( SPARSプロジェクト )

      コンピュータが発明され今までに作成されたソフトウェアは数限りなくありま す。ソフ トウェアが必要になった際、過去に開発された類似のソフトウェアが参照でき たり、少しの手直しで利用できれば、開発の効率は飛躍的に向上するはずです。 今までいろいろなアプローチで、ソフトウェア部品の再利用が検討されてき ていますが、我々は、全く新たな方法で、ソフトウェア部品の重要度を計測する方 法を提案し、実際にそれを計測するシステムの構築を行なっています。具 体的には

      • 相対的重要度モデルの開発
      • ソフトウェア部品検索エンジンの設計
      • 高速クラスタ分析システムの開発
      • 部品検索問い合わせシステムの設計
      これらの研究は、科学技術振興事業団による ACT-JSTプログラムの支援を得てい ます。

    2. プログラムの解析

      ソフトウェアシステムを保守し、改良するためには既存のプログラムを的確に 分析することが必要です。2000年問題の混乱でも分かるように、すでに稼働 しているシステムを解析してそれを修正することは非常に手間のかかる作業で す。プログラムの解析手法の一つとしてプログラムスライスという技法が提 案されています。これは、プログラムの中の一つの変数に影響を与える全ての文 を抽出したもので、プログラムのデバッグや理解に非常に役立ちます。我々は、 プログラムスライスに関して以下のような研究を行なっています。

      • プログラムスライス機能を持つデバッグ支援システムの作成
      • 各種プログラムスライスアルゴリズム(静的・動的・折衷)の考案と評価
      • デバッグ作業時のプログラムスライス機能の有用性の評価

    3. ソフトウェア開発環境

      ソフトウェア開発のプロジェクトを成功に導くためには、ソフトウェア開発に 関するいろいろな支援を効率良く行なう必要があります。開発作業の過程(ソフト ウェアプロセス)や作業によって生成された生成物(ソフトウェアプロダクト) の情報を収集・分析し、開発者や管理者にフィードバックすることが重要です。 これらに関して、以下のような研究を行なっています。

      • オープンソースの開発環境に適応した開発支援システム
      • オープンソース環境下におけるソフトウェア工学データの標準化とデータ 収集、分析、フィードバックシステム
      • ソフトウェアプロセスのモデル作成と評価
      • ISO9000-3, CMM, SPICE などソフトウェアプロセス管理に基づく品質保証規 格の構造化と評価支援システム

    主な著書・論文(Selected Publications)

    1. Where Does This Code Come from and Where Does It Go? - Integrated Code History Tracker for Open Source Systems -, 34th International Conference on Software Engineering (ICSE 2012), pp.331-341, Zurich, Switzerland, 2012.
    2. Very-Large Scale Code Clone Analysis and Visualization of Open Source Programs Using Distributed CCFinder: D-CCFinder, 29th International Conference on Software Engineering (ICSE 2007), pp.106-115, Minneapolis, MN, 2007.
    3. 演習で身につくソフトウェア設計入門 , エヌ・ティ・エス版, 2006.
    4. Ranking Significance of Software Components Based on Use Relations, IEEE Transactions on Software Engineering, Vol.31, No.3, pp.213-225, 2005. (Related Conference Paper)
    5. Analysis of Functional Programs to Detect Run-Time Garbage Cells, ACM Transactions on Programming Languages and Systems Vol.10 No.4 pp.555-578, 1988.
    6. Implementation and Analysis of Compile-time Garbage Collection, New Generation Computing Vol.10, No.1, pp101-119, 1991.
    7. TERM: A Parallel Executive Graph Reduction Machine for Equational Language, Parallel Computing Vol.11, No.1 pp.1-16, 1989.
    8. フォールト位置特定におけるプログラムスライスの実験的評価, 電子情報通信学会論文誌 D-I, Vol. J82-D-I, No.11, pp.1336-1344, 1999年11月
    9. Call-Mark Slicing: An efficient and economical way of reducing slice, 21th International Conference on Software Engineering, pp. 422-431, Los Angeles, CA, May 19-21, 1999.
    10. A Formal Adaptation Method for Process Descriptions, 11th International Conference on Software Engineering, pp.145-153, Pittsburgh, PA, 1989.
    11. Modeling Method for Management Process and Its Application to CMM and ISO9000-3, 3rd International Conference on Software Process, pp.85-98, Reston, VA, 1994.
    12. CCFinder: A Multilinguistic Token-Based Code Clone Detection System for Large Scale Source Code, IEEE Transactions on Software Engineering, Vol. 28, No. 7, pp.654-670, July 2002 ( Related Technical Paper).
      (プログラム中の同形な部分を効率的に検出するツールCCFinderの開発と種々 の大規模なソースコードに適用した結果の報告。)
    13. 囲碁ルールの形式化とその実行プログラムへの変換電子情報通信学会論 文誌 Vol.J72-DI No.1 pp.17-23, 1989.
      (池田敏雄氏が提案した 池田ルールを形式的に定義し、実行系に変換したもの。池田ルール等の詳細については、井上、鳥 居、”囲碁のルールの代数的記述について”、情報処理学会ソフトウェ ア工学研究会、SE52-8, pp57-64, (1987).
    14. ソフトウェアシステムの類似度とその計測ツールSMMT,電子情報通信学会 論文誌D-I, 2002年6月.
      (ソフトウェアシステム間の類似度をソースコー ドの対応する行の数の割合で定義し、それを計測するシステムを作成した。そ れを用いて、UNIX系OSの変遷を定量的に示した)
    15. パケット無線ネットワーク CQ出版社, 1990.
    16. ソフトウェアプロセス, 共立出版, 2000.
    For more information, see our publication database.

    学会及び社会における活動

    1. Affiliation:

      電子情報通信学会、情報処理学会、日本ソフトウェア科学会、IEEE, ACM 各会員

    2. Program Committee Member:

      COMPSAC91('91), ICSP2('93), ICSE95('95), ICSP4('95), FSE3/ESEC6('97), ICSE98('98), 日本ソフトウェア科学会大会('97, '98,'00, '03), ISPSE2000, ICSE2001, FSE/FSE2001, ソフトウェア基礎ワークショップFOSE('97-'02), EISIC'02, PROFES2002, IWPSE2003 ICSE2004, WOSP04, Bio-ADID2004, PROFES2004, MSR2004, SEM2004, ICSE2005, PROFES2005, Software Process Workshop 2005, ISESE2005, MSR2005, IWPSE2005, FSE2006, SPW/ProSim2006, MSR2006, PROFES2006, ICSP2007, PROFES2007, MSR2007, SCAM2007, FSE2008, ICSP2008, MSR2008, PROFES2008, SCAM2008, ICSM2008, ISEC2009, ICSE09 New Ideas and Emerging Results Track, ICSP2009, PROFES2009, ICSM2009, MSR2010, ICSP10, ICSM2010, ICSE2011, ICSSP2011, ICSE2012 Mentoring Program, ICSE2012 Tool Demonstration Session, ICSSP2012, MSR2012 ICSE2013 Mentoring Program, ICSE2013 Formal Research Demonstrations, MSR2013, ICSM2013, ICSE2014, SCAM2014, ICSME2014, CMSEBA2014, AWASE2014, NasBASE2015, SANER2015, ICSME2015.

    3. Chair, Board and Other Activities:

      ICSE98広報委員長('98), 日本ソフトウェア科学会16回大会プログラム委員長('99)、 日本ソフトウェア科学会理事('99〜'03), 日本ソフトウェア科学会関西企画委員会委員長(-'03), Editorial Board Member of Software Process Improvement and Practice, 電子情報通信学会論文誌D編集委員('99〜'03), Asia/Pacific Area Liasons of ICSE2002, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会副委員長(2000〜2002)同委員長 (2002〜2004), Program Co-Chair of International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE 2002) , ソフトウェア基礎ワーク ショップFOSE2002プログラム委員長, ISESE 2002 Financial Chair, Requirements Engineering 2004 Publicity Chair, IWPSE2004 General Chair, Empirical Software Engineering Editorial Board. , SEC Journal創刊記念論文査読委員長, IEEE Transactions on Software Engineering Editorial Board Member, Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2007) Program Chair, ATGSE2008 General Chair, IWSC2009 Co-Organizer, MSR2009 General Chair, PROFES2010 Publicty Member, IWSC2010 Co-Organizer, PROFES2011 Asian Publicty Co-Chair , IWSC2011 Co-Organizer, IWSC2012 Co-Organizer IWSC2013 Co-Organizer IWSC2014 Co-Organizer SANER2016 General Chair .

    研究テーマ一覧・論文リスト


    オフィスアワー
    • (前後期)月曜午前10:30-11:30(吹田キャンパス情報科学研究科B302)
    • (前期)月曜午後2:30-3:30(豊中キャンパス基礎工学部G棟4階教員控え室)
    • (後期)金曜日午後4:10-5:10(同上)

    事前にメールもらえると確実です。

    授業の参考テキスト類へのポインタ


    プログラム設計


    言語処理工学A



    To Students Interested in our Research Lab

    We would accept new students from both inside and outside Japan based on the vacancy of our lab's capacity. Intended students will show their basic knowledge of computer science and software engineering.

    Master candidates have to pass IST's formal entrance examination in Aug. or Dec. The previous examination samples can be found in

    http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/guidance/exam_result/2009mc_jyouhou.pdf

    http://www.ist.osaka-u.ac.jp/japanese/guidance/exam_result/index.html

    Ph.D candidates have to present their high research capability by the publications and/or theses.

    Other Activities

    1. 4U1VIC
    2. Kendama
    3. W Exp. 01/10/2015
    4. JA Exp. H.18.6.20
    5. ODC Exp. H21.7.25

    Go Back to Lab's Top Page

    責任編集: (inoue at ist.osaka-u.ac.jp)